Home 花カタログ 雑貨カタログ Holland
情報
Profile Holland
花留学
ご注文
方法
お問い合わせ リンク


Open Garden Days in Amsterdam
Open Tuinen Dagen
オープンガーデン in アムステルダム 2008

毎年6月の週末に3日間
アムステルダムの旧市街、運河沿いの歴史あるお屋敷の
自慢のお庭が公開されます。
オープンガーデンOpenTuinenDagen

さわやかな季節・・・
さわやかな風を感じながら
アムステルダムの旧市街を歩きます。
普段は見ることのできない運河沿いのお屋敷の中庭が
公開される特別な3日間。

今年は6月20.21.22日、週末の3日間、
旧市街の Heren運河・Keizer運河・Prinsen運河 沿いの
28箇所の中庭が公開されました。
毎年恒例のお庭もあれば、初めてのお庭もあります。
同じお庭は前回のお庭との変化を楽しんだり、
初めてのお庭はよく目に焼き付けて、また次回訪れるのを楽しみに・・・

毎年、初夏から夏真っ盛りへの季節の変わり目の時、
夕立や雷が多い時期でもありますが、
今年はお天気に恵まれ、2日間で20ものお庭を巡ることができ
最高の夏の思い出となりました。

* Open Garden in Amsterdam 2008 *

3日間共通のチケットは
MuseumVanLoonなどで購入できます。
地図や説明の掲載された小さな冊子です。
裏表紙に1から28の数字があり、
お庭を訪れるとお庭番号にチェックしてくれます(下中の写真)。
公開は期間中の10時から17時まで。


***
写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。
***


お庭の写真は私が歩いた道順でご紹介したいと思います。
是非上右写真の番号を辿って、
アムステルダムの旧市街を歩いているイメージでご覧ください。
最後には私の選ぶベストガーデン発表です。


***
写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。
***


= Keizersgracht672 Museum Van Loon (No.22) =
1680年ごろデザインのフォーマルガーデン
お庭では軽食や飲み物がサービスされています(有料)
室内はフェルメールの絵画を思わせるような雰囲気のキッチンが公開されています


= Keizersgracht666-668 (No.21) =
ツゲ中心に形成されたトスカーナスタイル
オブジェが個性的


= Prinsengracht1097 (No.28) =
ロマンティックな白いテラスのお庭への入り口
木陰と緑の木々のコントラストが素敵な奥に細長いお庭です


= Keizersgracht745-747 (No.26) =
中庭は戸口数件分の広いお庭
広い芝生や小さな池のあるお庭が小道によりリズムよく配置されています

= HerenGracht 605 Museum Willet-Holthuysen (No25) =
18世紀フレンチスタイルフォーマルガーデン
ツゲとジャリでデザインされています
室内ではアンティークなキッチン装飾も見ることができます

= Keizersgracht633 Museum Geelvinck Hinlopenhuis (No.24) =
4つのスタイルのガーデンからなるお庭、建物は1690年ごろ
ハスの池、バラのお庭・・・毎年最も楽しみにしているお庭
  

= Keizersgracht609 FOMA Moderne Museum(No.23) =
フィルムミュージアムらしい写真の演出が素敵

= Keizersgracht628(No.19) =
お庭ではピアノのミニコンサートが行われていました
樹齢100年のフジや壁に伝うバラが素敵(写真4枚目)


= Kerkstraat67(No.16) =
運河から1本入った細いストリート
古く小さな建物の中庭は、こんなに広くモダンでびっくり

= Herengracht460(No.17) =
色の使い方、お花の種類、配置がとても素敵なお庭
中心のラウンド型の池がポイント

= Leidsegracht11(No.13) =
3大運河から離れた小さなストリート
小さな空間が上手に活用され、たくさんの木々、植物がありました


= Herengracht314 LaCordonBlue(No.6) =
お料理教室のお庭は、ハーブいっぱいのコテージガーデン
さまざまなハーブが工夫されて植えられていました
さわやかなハーブの香りがいっぱいです


= Keizersgracht401 HuisMarseilleMuseum (No12) =
中庭奥のガーデンハウスが大きくて立派で印象的なクラッシックスタイルのお庭


=Leidssegracht31 (No14) =
3大運河からはなれたストリートの小さな建物
室内がお庭?になっていてびっくり(写真は室内の演出)

= Keizersgracht416 (No10) =
小さなスペースにたくさんの植物、木々が使われている緑いっぱいのロマンティックなお庭

= Keizegracht384 HotelTheDylan (No9) =
素敵なホテルの中庭で一息・・・


= Herengracht 316 (No7) =
細長いお庭のレンガの小道には段差がつけられたり、曲がり角がつくられていて広く感じます
ネコも気持ちよく休んでいます(赤いベンチ)


= Herengracht 366-368 BijbelsMuseum (No8) =
広いお庭は手前から奥へ3つのパートに別れていました
バイブル(聖書)にまつわる木々がたくさん植えられているそうです
館内には17世紀のキッチンの様子も展示されています

= Keizersgracht poort naasr nr.369-371 (No11) =
広い正方形のタウンガーデン
それぞれの角、それぞれの辺をそれぞれの雰囲気に演出しています
たくさんの木々、たくさんの花、池、芝、ベンチ・・・
空間がさらに広く感じる演出です

*** *** ***
どのお庭もオーナーさんのお庭への気持ちがたっぷり伝わる素敵なお庭でした
個人的に今年のベストガーデンを選ぶとしたら・・・
最後に訪れたNo.11のお庭!
お庭全体が季節のお花があふれ、
一日中ゆっくりしたい、
一番ゆっくり時間が流れる、素敵な雰囲気のお庭でした

次回のオープンガーデンは
2009年6月19・20・21日に開催されます

「オランダのお花ブログ」OpenGardenDays2008関連記事

来年も楽しみです・・・


Holland情報 へ 戻る

Home へ 戻る